忍者ブログ

--Goin' my world-- 我が道、我が世界を思うがまま邁進するプロサーファー榊原英基のブログ
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

02.18.13:43

目的のRVパークが・・・

 前回までのあらすじ

聖地マリブで念願の波乗りとはいかず、波を求めてオーシャンサイドを目指した。
夕方のラッシュアワーにフリーウェイを激走。 そして、目的のRVパークへ 


CAR POOL専用レーンのおかげで、渋滞を大分回避できた。 しかし、目的のRVパークに着く頃には、時計は8時を回ってしまっていた。 車を借りたとき、確かキャンピングカー屋さんは言っていた「RVパークのオフィスは5時くらいに閉まるから気をつけてね!」 そんな忠告をまるで聞き入れず、無謀にも8時を過ぎてから、オーシャンサイドにある目的のRVパークに乗り込んだ。 

オフィスに向かう前に‘NO VACANCY’のサインが明るく煌々と光っていた。 それでもなお、JACKはオフィスに向かう(向かわせてるのは私たちだが・・・)、当然真っ暗で誰もいない。 ウロウロしてみるが、まったく可能性は現れない。 仕方なく他のRVパークを探してみる。 ラッキーなことに道路を挟んですぐ向かいにもあった。 しかし、オフィスは開いていない。 近くのボウリング場(週末で異常な賑わいだった)にある公衆電話から、緊急連絡用の電話番号に掛けてみるが、ロボットの女性が一方的に話しているだけだった。 しょうがないので、他を当たってみる。 運よく、曲がり角を曲がった所にもう一軒あった。 

オフィスは暗かった。 中を探ってみると、電気の点いた部屋があった。 もちろん尋ねてみる。 
すると、白髪のかわいいおばあさんが出てきて、事情を察してか、親切にも管理人を呼んでくれた(敷地内に住んでいるらしい)。 これなら何とかなりそうだ。 その後の手続きは明るくなってから(アバウトでいいっすね)ということで、早速、設営にかかる。 若い夫婦がやっているらしく、とても親切丁寧だった。 途中、例の作業に躊躇している私達を見かねて、大柄な旦那さんが、排水用ホースを素早く素手で繋いでくれた(さすがアメリカの男) これで準備完了! 夜更けの宿探しも一件落着でした。

これから夕食の準備だ。 時間も遅いので、近くのメキシカンで買ってくることにした。
入ってみると、壁一面にメニューがあったが、スペイン語で何だかよくわからない。 一生懸命会話しても、お互いあいまいな英語でよくわからない。 肝心なときに肝心の電子辞書も持ってきていない。 
こうなれば、適当に頼むだけだ。
タコスにブリトー、ポテトにメキシカンライス、チキンサラダにトルティーヤ、まだ他にも。
出来上がるまでしばらく店内で待っていた。 店内にいるのはメキシコ系のグループばかり、みんな楽しそうに食事をしていた。 そこにいた男性も女性も、なぜかみんないい体つきをしていた。 
注文の品が次から次へと出来てきた。 なぜか少しうれしかった。 すべての品が揃った時、私はその量に少し不安を感じた。 手分けして運ぶことに、持ってみてビックリ!ずっしり重い。 食べ物の重さじゃない感じだ。
車に戻る頃には、持っているビニール袋の持ち手のところが少し伸びていた。  こんなに買って大丈夫かなーって正直思った。 だが、仲間の約1名はこの出来事に、うっすらと笑みを浮かべていた・・・

とりあえず、シャンパンで乾杯して食事は始まった。
PC300234.jpg















並べてみるとこんな感じ
a8413b72.JPG















紙に包んであるのがブリトー(タコスの親戚みたいなやつで、1つでも結構重い)で3つ、
タコスが2つにメキシカンライスは3つ。
ポテトにチキンサラダ(チキンの塊がたくさん)にトルティーヤ。 入れ物の箱はかなりの大きさでした。
食欲が失せる前に少しでも片付けようと、みんな無言で口に運ぶ。 初めは楽しんでいたけど、次第にやられていった。 精一杯頑張ったけど、最後には、気持ちも胃袋もギブアップ!!
大半が明日の朝食に持ち越しとなりました。  

さて、食欲は充分に満たされた。 次は、朝にアウトレットで買ったものを着てみることにした。
みなさんこれやりますよねー???(私だけがファッションショーして他の誰もやりませんでした)

いきます!               カシャ                 カシャ
IMG_3032.jpgIMG_3033.jpge939994b.jpeg










いいねー                最高!           さすがに恥ずかしかった
IMG_3035.jpgIMG_3036.jpg21ab0e41.jpeg










普段は独りで地味にやってますが、旅先ではテンションがあがってしまい、
みんなの前でやっちゃいましたー!
(バカですね、この後、自分の年齢を振り返り、しばらく考え込んでしまいました) 






こちらの記事はシリーズになっております

カリフォルニアトリップ No.1
カリフォルニアトリップ No.2
カリフォルニアトリップ No.3
カリフォルニアトリップ No.4
カリフォルニアトリップ No.5
カリフォルニアトリップ No.6
カリフォルニアトリップ No.7
カリフォルニアトリップ No.8
カリフォルニアトリップ No.9
カリフォルニアトリップ No.10
カリフォルニアトリップ No.11
カリフォルニアトリップ No.12
カリフォルニアトリップ No.13
カリフォルニアトリップ No.14
カリフォルニアトリップ No.15
カリフォルニアトリップ No.16
カリフォルニアトリップ No.17
カリフォルニアトリップ No.18
カリフォルニアトリップ No.19
カリフォルニアトリップ No.20
カリフォルニアトリップ No.21




第二回カリフォルニアトリップはこちら







サーフィンスクール、愛知県名古屋発伊良湖サーフィン体験スクールツアー






拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら