忍者ブログ

--Goin' my world-- 我が道、我が世界を思うがまま邁進するプロサーファー榊原英基のブログ
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

02.22.15:23

旅の費用

 前日、大量のメキシカンで満腹状態から開放されず、しばらく眠りにつくことができなかった。
次の朝、目覚めると少し内臓が疲れていた。 とりあえず、前日補給分のエネルギーを消費するため、朝の波チェック兼散歩に向かう。
e0f36aa0.jpeg



とても気持ちのいい朝でした。






通りを挟んですぐに海じゃなく、そこには線路があった。d811a36b.jpeg
















ここを渡ればすぐに海、最高の立地条件です。 じゃあ、線路を渡って
82f367f9.jpeg











IMG_3109.jpg



  たまに通る電車に注意!






次は、公園を通り過ぎ、いざビーチへf1d5b1bd.jpeg











待望の波も小さいながらに綺麗に割れてました。IMG_3083.jpg











戻ってみんなに報告だ。
帰りの道の途中、昨晩入れなかったRVパークをチェックしてみました。0c73134c.jpeg31a167f9.jpeg








やっぱり満室?満車?満スペース?満員?でした。 ここは海沿いの立地で、施設も充実してる。 スパとかあるらしい。 雰囲気もいい感じですね。 要予約です!!

宿に戻り、チェックインの手続きを済ませる。 IMG_3054.jpg









若奥様のさわやかな笑顔に、気分よく次々と書類にサインをしていった。
1泊35ドル、電気、水道使い放題。 
かなりお値打ちである。 だいたい1泊35ドルから60ドルくらいだった。

そして、キャンピングカーは大きさ別で
P1030467.jpg


C25クラス 全長7.5M

定員 大人3名くらい

1泊2日 265ドル




P1030455.jpg  


C30クラス 全長9M

定員 大人4名くらい

1泊2日 295ドル




P1030433.jpg   


AS32クラス 全長10M

定員 大人4、5名

1泊2日 330ドル




今回、私たちが借りたのがC30クラスでした。 4人でちょうどいい大きさでした。

どのクラスも日本の普通免許があれば運転できます(度胸は必要)。

シーズンにより料金が異なるので、詳しくはエルモンテRVまでhttp://elmonterv-japan.com/index.html
あと、保険と保証金(後で戻ってくる)とガソリン代が必要です。
ちなみにガソリン代は1ガロン(3,785リットル)で
IMG_3058.jpg


1,91ドルとか








IMG_3065.jpg


1,88ドルくらいでした。






リッター45円くらいでした(激安!)

トータルすると、レンタカー+ホテル代とほとんど変わりませんでした。
結論「みんなで行けば怖くない!!」








こちらの記事はシリーズになっております

カリフォルニアトリップ No.1
カリフォルニアトリップ No.2
カリフォルニアトリップ No.3
カリフォルニアトリップ No.4
カリフォルニアトリップ No.5
カリフォルニアトリップ No.6
カリフォルニアトリップ No.7
カリフォルニアトリップ No.8
カリフォルニアトリップ No.9
カリフォルニアトリップ No.10
カリフォルニアトリップ No.11
カリフォルニアトリップ No.12
カリフォルニアトリップ No.13
カリフォルニアトリップ No.14
カリフォルニアトリップ No.15
カリフォルニアトリップ No.16
カリフォルニアトリップ No.17
カリフォルニアトリップ No.18
カリフォルニアトリップ No.19
カリフォルニアトリップ No.20
カリフォルニアトリップ No.21




第二回カリフォルニアトリップはこちら









サーフィンスクール、愛知県名古屋発伊良湖サーフィン体験スクールツアー




 今回久々のアメリカに、キャンピングカーで西海岸を縦断するという初めての試み。
無計画で無謀でとても安直な思いつきでした。 仲間はみんなアメリカが初めて。 
2度目の私も10数年振り。
期待も不安もいっぱいでした。 いざ始まってみると、やはり最初はトラブルばかり。 しかし、人間って順応力があるのか、仲間に助けられるのか、時間が経つにつれ、よりスムーズにより快適に過ごせる様になっていきました。 そして、いつしかJACKはまるで我が家のように(我が家以上の)居心地の良い空間になりました。

ある時は移動手段としてコーストラインを快走したり。 そしてある時は1日中遊び疲れた私たちに快適な睡眠空間を提供したり。 そしてある時はほっと一息のコーヒーブレイクとしてカフェのような役割をしたり。 海に行けば着替えもシャワーもすべてそこで出来てしまう万能のベースキャンプにもなる。 レストランにもなるし、バーにもビヤホールにもなる。 映画館にもなることができるし、ファッションショーのステージにも・・・
1台で何役をもこなす夢のビークルであった。 空港到着から帰るまでずっとJACKと共に移動する。
移動中荷物の積み下ろしも無く、とてもスムーズでした。 料金もさほど高くないので全然気になりませんでした。


みなさんも是非仲間とトリップの際には夢のビークルで夢の世界を味わってみてはいかがですか?
c282ad70.jpg




俺の辞書に不可能は無い!!

電子辞書は忘れずに・・・  





拍手[0回]

PR

綺麗カッコいい

最高の波ですね!!!そして良い町並み 電車じゃなくてディ-ゼル車もかっこいいいいいキャンピングカ-はC25の顔がカッコいいですよ
日本にもこんなRVパ-クがあればいいのにな-私が作ろうかな-   なんちゃってね
でも夢は大きくもって信じていれば願いが叶いますよね?ジャンボLOGさん

  • 2009年02月24日火
  • かとしゃん
  • 編集
Re:綺麗カッコいい
キャンピングカーで夢の生活。
願えば叶いました。 それも、最高な形で。
やってみるもんですねー。
2009/02/28 19:23
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら