忍者ブログ

--Goin' my world-- 我が道、我が世界を思うがまま邁進するプロサーファー榊原英基のブログ
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

03.09.00:41

海外逃避行


みなさんお久しぶりです


ブログ引越し後


あまり記事をアップしてませんが


こちらで


近況報告いたします



まもなく


まだ見ぬ国へと


渡航準備に奔走しております


久しぶりの未開の地


否が応でも心は踊る


歴史を感じ


芸術を堪能し


新たな自身の発見


そんなテーマで行って参ります


現地に着いたらしっかりレポートします!!

拍手[0回]

PR

02.28.23:11

訪れたい場所

かねてから心に望む

一度は訪れたい場所

TVや雑誌で幾度となく目にした

南米の山間に存在する天空都市

昔からなぜか心に引っかかっていた

それが最近

身近なあちこちに現れる

久しぶりに会った友人が突然その話しをしたり

ふと開いた雑誌の中に特集として挙げてあったり

何気なく電源を入れたテレビから突如として現れたり

これは私に訪れが近付いているのかな!?

とりあえず思い願うことだけはしておきます

「願いは叶う」「思考は現実化する」この言葉を信じて

行けたらラッキー

思うのはタダ

「マチュピチュ」行きたーい!!

たまたま冷蔵庫に掛かっていたカレンダーです











サーフィンスクール、愛知県名古屋発サーフィン体験スクールツアー

拍手[6回]

02.19.12:50

Byron Bay






オーストラリア滞在中





幾度となく訪れた場所バイロンベイ





ゴールドコーストからフリーウェイに乗り車で1時間強





大草原の中をひた走るとその地は現れる





オーストラリア最東端





時にはクジラが見られるという





とても自由で大きな国の中で





自由度が群を抜いて際立っているのがここバイロンベイである





DSC03022.jpg





ストリートの中心から海を眺める













そこにはいろんなメッセージがあった





DSC03014.jpg





思わずシャッターを押してしまった





確かに私にはとても必要





全人類にとって必要なことですね











すると





近くにいた若者(には見えないが)が寄ってきて何やら私に向かってアピールしだした





『これ俺が書いたんやでー』みたいなことを自慢げに言っている





DSC03015.jpg





しょうがないので撮る(笑)





すると次には友達も出てきて一緒に撮れという





彼らのテンションが上がってしまい事態の収拾がつかなくなる











何気にフェードアウトし浜辺をカメラ片手に歩く











次に目に入ったのはこちら





DSC03019.jpg





ビーチに石を並べて作ってある





作った人の意思が伝わってくるものだった
(石だけに。。。笑)











こんなメッセージがいたるところにある











内容は当たり前のことだが





当たり前に表現するのがとても難しい











それができちゃうのがバイロンベイ











みんなが自由でピースフルであたたかい











DSC03003.jpg





「彼は愛のメッセージを送っているんだな」と





思わずにはいられなくなりました
 












サーフィンスクール、愛知県名古屋発サーフィン体験スクールツアー

拍手[3回]

02.17.22:29

ブリスベンでも

 




話はオーストラリアに戻しまして
 



まもなく帰国という前日に
(実際にはパプアに行きましたが)





滞在しているゴールドコーストから
(海や自然がいっぱい)





どうしてもブリスベンの街に
(近くにある都会)





撮影に行きたくなり





電車に飛び乗り





1時間ほど





そしてブリスベンに着いて2時間ほど





街を撮影して歩いてみました

 






いろんな街の風景があって





とても面白かったです





2時間ではただ近くをひと回りしただけなので





もっと時間を掛けてゆっくり撮影してみたいです





ここでは人々はとても忙しそうでした





それにみんなこぎれいにしてました





ゴールドコーストではみんな短パンTシャツ裸足ですよ!









サーフィンスクール、愛知県名古屋発サーフィン体験スクールツアー

拍手[2回]

02.16.18:40

この一ヶ月の出来事







2011年が始まり





数日も経たないうちにオーストラリアへの出国は決まった





ギリギリで申し込んだチケットがなかなかとれないため





出発の日にちは突然繰り上げられ





ほんの数日後に確定してしまった











目的は国際インストラクターの資格取得





試験日程を現地滞在日程の中に含むエアーチケットを握りしめ





試験の申し込みもせずに現場へ乗り込んだ





すべてはそこから始めた





決していい加減なつもりはなく





事前に申し込もうと思ったが急すぎて





間に合わなかったのである











まあいい加減な性格が手伝っている事は否めない(笑)











それでも現地での試験の申し込みは何とか完了し





次々出てくる課題をこなしていった
(実際他に試験だったり講習だったり実習だったりがたくさんあった)











ここでの1日は私にとってとても大切





毎日が全力投球であった











朝起きてシリアル食べて出掛ける





昼は家でパスタか外でマック





午後は自習に実習に講習





夕食前には海で練習





食後は机に向かい勉強





疲れて寝るのは一番最後





とにかく何かをやっていた
(遊びも含めて)





そしてたくさんの人に出会い





色んなものを見た











とても充実した日々を過ごしていたような気がする











思いもよらない新しい考えが浮かび











偶然とは思えない出来事が次々とたくさん起こる











私にとって決して忘れる事のできないとても大きな思い出となった

















恐る恐る一歩足を踏み入れた世界は





とてつもなく広く大きく





そこには存在していました











目指す世界が目の前に広がっている





思い描いていた世界が。。。











試験やら講習やらは踏んだり蹴ったりでしたが





確実に自分の目指す道が





そこにはありました











これは目で見て思ったことではなく





私の心が感じていたことでした











10年前にオーストラリアに行ったときに自分が感じた思い





それは





10年経った今でも変わることなく





私の心の中にしっかり刻まれていました











オーストラリアさん





来年もよろしくお願いしまーす!












DSC01667.jpg









サーフィンスクール、愛知県名古屋発サーフィン体験スクールツアー

 

拍手[3回]

10.28.11:49

2泊3日千葉湘南ツアー 後編





式を終え会場を後にする





次はいよいよ





千葉の海だ。。。





式場周辺にホテルが取れなかった





直前に探したけど全然無理だった





学びました





世間は早くから動いている





自分の都合や気分は通用しない





世の流れを読む必要性がある





海と一緒だ





波を読み





流れに乗る





これがサーフィンの真髄





身近にお手本があったのに。。。











起こってしまった事態は収まらない





どう対処するかが大切











とりあえず海岸線に近づいてみました











そこで千葉の友達に連絡を入れてみました











そのまま











お宅に











押し掛けてみました











作戦成功したみたいです










あたたかい部屋で眠ることができました











世の中なんとかなるものだ











なんとかなっていくものだ











こうした学びを





次回に活かすべく





この旅は続いた











翌朝





友人宅のテラスで朝食





のんびり広々した庭でブランチ





豪華な朝食に舌鼓





私は海を控えほどほど





TKは美味しいものは美味しいときに





で腹十二分目まで











後のサーフィンに影響が出たのは言うまでもない











東の都、千葉で波に乗り





おすすめの洋食レストランで遅い昼食





そして部隊は一路、西の都湘南へと向かった












渋滞のアクアラインを抜け





フォードのバンは





デカい図体を引きずり





横浜から湘南へと爆走した











こちらはアポ済み友人宅


IMG_0336.jpg


ET-KINGのお兄ちゃんです
(似てるのでどのメンバーの兄かはすぐわかります。。。)









そして、近くのこ洒落たバーで湘南に酔いながら酒に酔った










目覚めると朝日が差し込んでいる





予報では昨日に続き雨とのこと





しかも、波があるらしい
(こちらも無くなる予報だった)





眠い目をこすり海に波チェックに出る





空腹の胃袋を





マックのジャンクなフードで満たし




日頃は渋滞でまるで進まない




134号を東へとひた走る




IMG_1809.jpg





やっぱり波はある




欲張って更に奥地へ





さすがにここまではウネリは届いていなかった











途中、月9ドラマの撮影風景を横目で見ながら





目的のポイントに辿り着いた





昨日同様





久しぶりの





都での波乗りに





否が応でも気分は高揚する





自分にとってはかなりのパワースポットだ





ついでに湘南の友人もでっかいパワーを与えてくれる
(会う度に思う、素人にしておくのはもったいない)











そして、予想を反し、神の恵みのごとく届いた





湘南の洗練されたうねりに乗った





乗るだけで元気になる





これが湘南の波だ





何度通っても変わらない





気がつくと、ふと独り言を発する時のように独り笑いをしていた





すると、近くのサーファー(ホンコンさんにとても似ていた)が





怪訝そうな笑いでこちらを見ていた





やべ、変なとこ見られた





後にそのサーファーは本物のホンコンさんだと教えられた











都会は違うなー











そうこうして海を上がり





今度は男のロマンとやらを追求してみた





ほど近くに米軍の港があると





野郎集団の部隊は





迷わずその港へ

IMG_6667.jpg





SANY0340.jpg

IMG_6498.jpg

IMG_8105.jpg





こんな戦艦がいっぱい停泊している





時には東京タワーよりも大きな空母も見ることができる





あいにく今回はお目に掛かれなかったが。。。











街を歩くと至る所にアメリカの匂いが





この感じもとても好きだ









こんな街、横須賀を後に





部隊はまた海へと車を走らせた











夕刻





海に着くと





波は穏やかにまとまり





旅の最後を締めくくるには申し分ないものとなっていた





太陽が傾き始め





わずかな残り時間

IMG_6266.jpg




迷わず行けよ!





猪木師匠の言葉を胸に





奇跡を起こしてくれた海の神に感謝し





この旅最後の波を





噛み締めるように暗くなるまで乗り続けた











ふーっ





サーフィン最高!





トリップ最高!





仲間最高!





3つも重なると





3倍以上のものになる










こうして今回の旅も





大成功に終わりました










この旅でたくさんの方たちにお世話になりました





感謝してます、ありがとうございました!!











JUMBO












トリップはこんな様子でした






 











サーフィンスクール、愛知県名古屋発サーフィン体験スクールツアー

拍手[0回]

おまけはこちら

10.26.17:40

2泊3日千葉湘南ツアー 前編






みなさんこんにちは





先日まで





友人の結婚式をかねて





千葉湘南へと旅に出て詣りました





千葉湘南と言えば





サーフィンのメッカ





波に乗るだけでなく





食に買いに観光などなど





涙あり笑いありの





自由気ままな珍道中





その模様を2回(前編、後編)に渡って報告します











それでははじまり、はじまりー











23日夕刻に行われる





千葉のみなと駅付近での結婚式に向けて





この旅は計画された。。。











目的の結婚式の前夜というか当日の早朝





1台のアメリカンフルサイズバンに遊び道具を満載し
UCNP.jpg





2人の行き遅れた独身男が





2人の門出を祝うべく





波乗りの都





九十九里のある千葉へと旅立った。。。











スタートしてまずは1つ目の県境を越えた





ほとんど寝てないのか





車はすぐにパーキングエリアにピットイン





ここでドライバーの交代が行われるはずだった





正ドライバーTKは前夜遅くまで仕事で
IMG_3348.jpg
(写真左)





寝ずにハンドルを握っていた





副ドライバーの私は





軽く睡眠をとっていたため





早いタイミングでのドライバー交代となるはずだった











しかし、空いた運転席に移るはずの私は





一歩も動くことができず





ともに深い眠りに入ってしまった





旅とはこんなものだ





こんなものでよい





20代の頃とは違い





体の言うことを聞いてあげないと





とばっちりが返ってくる





なので、まずは充電、しっかりと睡眠をとり





日本の都目指し、遅れたスタートを取り戻すこともなく





のんびり気ままに再スタートを切った










途中、私たちを今までで1番苦しめた





恐ろしい山を通り
SANY0270.jpg
(過去記事:カテゴリーからMt.Fujiをクリックして下さい)






車は順調に目的地へと近づいていた





東京湾を走り





最後の県境を越え





千葉へ入った











式まではまだ時間がある





どこかを散策してみよう











近くにはIKEAららぽーと





店数の大差で





ららぽーとへと向かった





とりあえず腹ぺこなので食事をする





広島風お好み焼きメガ盛りをペロリと平らげ





パンパンに膨らんだ胃袋でモール内を散策した





SANY0292.jpg




名古屋にはまだない





いいものがお値打ちにありました





他にもたくさんの店が





まるで外国にあるショッピングモールのようでした











買い物を済ませ





残りわずかの時間で式場に向かった





寝起きで来ているので





その前に





近くの銭湯に入った





昭和の感じが漂う





こじんまりしていてなんだかいい雰囲気





近くのローカルが集う和やかな湯でした
(リンク貼りました)





湯船から上がる瞬間





おじいちゃん(かなりの高齢で自分で背中を拭けない)の背中を拭いてあげているおじさん(他人)をみて





おもわず和んでしまいました





(昭和の頃はいい時代だったなー。。。笑)











そして今度は時間が足りなくなる





式とかの正装場合





いつもより早めに準備行動しておかないと





必ず慌てることになる。。。
(今回もやってしまった)











そして、滑り込みセーフで
(昭和な感じ。。。)





会場に着いた





案内され背丈の3倍はあるでっかい扉をくぐり中に入ると





そこにはプールがあった





すげぇー





そこで親友の結婚式は盛大に行われた





おめでとー!!




SANY0296.jpg




新郎、石川英治くん
(プロサーファーを目指しオーストラリアに留学したときに出会いました)





サーフフィルム制作やらウェアを作っています、クリエーター兼プロサーファー





新婦、美奈子さん





恋のから騒ぎに出演されていたらしく





13代のMVPです!





こんな愉快な2人の結婚式に招待してもらいました




SANY0310.jpg




(写り悪くてごめんなさい。。。)









後編に続く











サーフィンスクール、愛知県名古屋発サーフィン体験スクールツアー

 

拍手[0回]

11.10.18:53

みんなと…

合流でーす

たくさんの荷物にチェックインにかなり手間取った(大袈裟じゃなく1時間くらい)

保険に入り、両替え

あとは搭乗を待つのみ

今度こそ

いってきます!








サーフィンスクール、愛知県名古屋発伊良湖サーフィン体験スクールツアー

拍手[0回]

11.10.15:53

初搭乗

日本最大級の空の玄関

その大きさたるやいかに…


さすが世界中のジャンボ機が訪れるだけある

数々のジャンボがやって来る

そのすべてを受け入れるスケールの大きさたるやいかに…


中の一機、その中の数百名の乗客の中のJUMBO

その存在たるやいかに…


人間なんてちっぽけだ~



そんなことを感じ、

チェックインに向かう


今回はシンガポール航空

IACEトラベルの田中さんのオススメ

機内設備は充実、レストラン並みの食事、

それに、なんと言ってもスチュワーデスさんが可愛いらしい

「独身の榊原さんにはオススメですよ」だって

「じゃー、シンガポール航空でお願いします」


これで苦手な飛行機も少しは楽しめるかも!?

それではみなさん、いって参ります!

PS 板も無事届いてました









サーフィンスクール、愛知県名古屋発伊良湖サーフィン体験スクールツアー

拍手[0回]

11.10.13:10

いよいよ

トリップ出発の日がやってきました

今回はかなり成長しましたよ

いつもならギリギリに超アバウトに荷物を準備するのですが、

事前に板を送り、

洋服などは圧縮パックして、その容量を減らし

綺麗に詰め込んでスーツケースに入れてみました(持っていないので借り物)


準備が整ったのは時間ギリギリ

でも、これは仕方無いですよね

いつものパット流を卒業し、ウィングナットをも超えるレベルでのこの作業 (詳しくはエンドレスサマー2をご覧下さい)

慣れない私は時間いっぱい掛かってしまいました


初めて経験するこの大変な作業

これから始まる未知なる世界への旅を考えれば

わずらわしいどころか、とても楽しくできました


みんなそーやって楽しんでるんだーって思いました

面倒だからって避けてたけど、やってみたらこれ楽し


旅立つ前に少し成長できました









サーフィンスクール、愛知県名古屋発伊良湖サーフィン体験スクールツアー

拍手[0回]