忍者ブログ

--Goin' my world-- 我が道、我が世界を思うがまま邁進するプロサーファー榊原英基のブログ
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

06.28.21:15

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/28/21:15

04.22.19:00

きっかけ

 初めての大会、何年前か定かではないが10数年以上前の出来事だったと思う。
先輩に連れられ静岡県の静波ビーチへ、そこで人生初となるサーフィン大会に出場した。
この頃はまだ大会とかはあまり盛んではなく、年に数回各地で行われているだけだった。 
そして、アマチュアの大会はほのぼのとした楽しい雰囲気で行われていた。 
弁当が付いていたり、抽選会があったりでとても和やかなものであった。 
初参加の私は順調に勝ち上がり準決勝を迎えた。 おーすげぇ、勝ったら決勝だ。 
勢いにまかせ波に乗りまくり決勝を目指す。 しかし今までのように簡単にはいかない。 勝ち上がってきた選手たちはつわもの揃いだ。 最後のホーンが鳴るまで波を追いかけた。 が、結果は敗退。 この悔しさがコンペティター魂に火をつけた。 
この試合以降各地の大会に出場しまくった。 近場の大会から遠方の大会まで、
春から秋そして冬も・・・ 遂には海を越え国境を越えた。 
大会の緊張感、勝ったときの嬉しさ、負けたときの悔しさ。 この刺激がたまらない。
そして知らない土地へと旅立つこと。 これも同様に刺激的だ。
それと新たな人との出会い。 何ものにも変えられない価値がある。
こうして私のコンペティター人生が幕を開けた。
DCF_0083.JPG 















SHIZUNAMI BEACH




サーフィンスクール、愛知県名古屋発伊良湖サーフィン体験スクールツアー
                                                                                   

                                                                                                                   SAMURAI JAPANESE


 海を越え国境を越えサーフィン大会に出場した。 時は2002年だったかな!?
オーストラリアのクーランガッタで各国対抗戦と称した試合が行われた。 急遽日本代表として参加し戦った(日本人選手が少なかったので)。
エキシビションのため殺伐とした雰囲気はまるでなく交流を深めるためのものだった。
せっかくなので日本人らしくはちまきをして出場すると、これが好評で写真をたくさん撮られることに・・・  後日、JUMBOがサーフィン雑誌に出てるって周りの友達が笑う。 その大会の写真でした。
2002_0303_094952AA.jpg


海綺麗ですね








本戦ではここでも準決勝敗退でした(悔しいー)。

拍手[0回]

PR

無題

良い人生だと思いますよその分金銭面とか周りに白い目で見られたのかなと思います 私はそういう生き方は賛成です人生一度きりですからね

  • 2009年04月23日木
  • NONAME
  • 編集
Re:無題
ホント最高でした。 まだまだ続きますけどね。
ということは楽しくてやめられないってことです。
これからも我が道を参ります・・・ 
2009/04/23 20:35
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら